【新発売!】こだわりの有機純米酒、2種類登場♪

去る9月9日、「ひやおろし」が解禁となったその同じ日に、産声を上げた酒があります。
それは花垣「有機純米シリーズ」。
贈答用に最適な「有機 純米大吟醸」と、毎日飲みたい「有機 純米」の2種類です。
私たちは、有機の酒には特別な思い入れがあります。
花垣が有機純米酒を醸すようになったのは、次のようなストーリーがあったからです。
南部酒造場は、ここ大野で酒造場を創業して百十余年、
この地の誇る名水と酒米を最大限に生かした純米酒造りに力を注いできました。
純米酒は酒の原点であることから、特に原料の酒米にはとことんこだわってきました。
効率化を求めて、稲作に農薬や化学肥料などが当たり前のように使われていた時代に
安全な米で「安心して飲める酒」を造りたいと考えていた九代目現当主の南部隆保は
同じように「安心して食べられる、おいしい米」を作ることに情熱を燃やしていた
地元篤農家と出会い、有機酒米を使った花垣の「安心して飲める酒造り」が始まりました。
そして有機の酒米・五百万石作りに成功し、醸造して出来上がった酒は
2003年12月に国内で最初の「第三者・オーガニック認証機関」である
JONA(ジョナ)=日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会のJAS有機認定を受けました。
全国で九番目、福井県では初めての有機認証を取得し、1年ごとに更新し続けています。
翌2004年、「花垣 有機 純米吟醸」が発売となり
花垣の姿勢に賛同してくださった方々、健康志向の方々
そしてこの味に魅せられたという多くの方々に支持されてきました。
2014年8月に「花垣 有機 純米吟醸」を終売とし
新しく「有機純米大吟醸」・ 「有機純米」の2種類を発売することになりました。
自然をふんだんに詰め込んだ、おいしい酒を造りたいから
地元の酒造好適米「五百万石」にこだわって「有機」に取り組み
地元で湧く水を使い、この地の気候風土にかかわって醸造しています。
安全であること、地元の素晴らしい自然をふんだんに詰め込むこと、そしておいしいこと。
これが花垣の考える「有機」です。
そして今、私たちは、安心して飲める酒造りに取り組んできたことが
結果として豊かな土壌を汚さず、自然と共生するという
有機の原点に戻ることなのだと実感しています。
健康、そして未来のために、「小さな蔵の大きなこだわり」で
南部酒造場はこれからも挑戦を続けてまいります。
14有機純大吟
有機栽培の五百万石を50%磨きで醸した純米大吟醸です。
すっきりした飲み口とやさしい余韻が広がる自然の美味しさ、地元篤農家とのこだわりの一本です。
今回はゴールドの化粧箱に入り「有機」にこだわった方へのご贈答にも最適です。
「有機 純米大吟醸」
1.8L 5,000円(+消費税)
720ml 2,500円(+消費税)
※専用化粧箱入
→https://www.hanagaki.co.jp/wp/shop/daigin_ginjyo/organic/organic_daiginjyo.htm
14有機純米
有機栽培の五百万石を60%磨きで醸した純米酒です。
やさしい口あたりとふっくらしたお米の旨みが広がる身体にもやさしい一本です。
またぬる燗にしても味の幅が広がります。いろんな飲み方でお楽しみ下さい。
「有機 純米」
1.8L 3,000円(+消費税)
720ml 1,500円(+消費税)
→https://www.hanagaki.co.jp/wp/shop/jyunmai/organic/organic_jyunmai.htm

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA