花垣をつくるひと

hioki

カラダにいれるもの……それは音楽を聴くことであったり、画を観賞することであったり、自然の中で深呼吸することであったり、そして美味しいものであったり……

美味しいお酒をカラダに取り込んだとき、舌の上だけでなく手足のつま先、頭のてっぺんまで染みわたる様な感覚。

このシアワセを楽しまない手はない。

そしてそのシアワセをこの手の中で育んでいく楽しみは言葉では言い表わせない。

物言わぬ相方に耳を傾け、会話の続く日々。

きちんと聞いてあげればきちんと応えてくれる。

自然の紡ぎ出す奇跡を集めて見えない相方にお願いして醸し出される日本酒という国酒。その造り手としてたずさわれることに感謝しつつ、謙虚さを忘れずに和をもって良酒を醸していけたら……

最高にシアワセですな。

有限会社南部酒造場
杜氏 日置大作