【蔵】山田錦を選別しています。

2014122201.jpg
年明けに大吟醸を仕込むための山田錦の高精白米をフルイにかけています。
今年の山田錦は砕米(文字通り精米過程で割れてしまった米です。心白が露出しており麹米として使用するには問題があります。)が多く、ライスグレーダーという機械を使って整粒を選別しています。
一袋ずつ機械に入れていかなければならず、地味ながら大変な作業です。
2014122203.jpg
こんな感じですぐつまります。カサカサの指は杜氏デス。
2014122202.jpg
フラッシュたくの忘れて露出がなんかおかしいです。こんな感じで、砕米は下に落ちます。
原料処理は酒造りの基本ですから、こんなところにもこだわっていますというのを知っていただけたら幸いです。
私も横で写真撮っていただけではありませんよ(笑)
全国米麦改良協会ってまだあるのかな?調べたらちゃんとHPが有りました。
リンクはこちら
【文責 柏倉】

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA