【書籍掲載】新書「和食は福井にあり」に花垣が登場!

フードジャーナリスト・向笠千恵子(むかさ・ちえこ)さんによる書籍「和食は福井にあり ――鯖街道からコシヒカリまで――」が、2月13日、平凡社新書より発売されました。
表紙
福井県にルーツを持つ著者が、和食がユネスコの世界文化遺産に認定された時、頭に浮かんだのが福井の食卓で食べた煮物だったそう。
そこから「福井を観察すれば和食がわかる」と思った著者は、和食と福井県の結びつきを訪ねる旅に出る―― それがこの本の原点です。
この本の「和食がもっとおいしくなる日本酒」という項目に、花垣が掲載されています。
中身image
著者の向笠さんは、福井県の職員とともに当蔵をおとずれ、丹念な取材をして帰られたのが大変印象的でした。
この書籍は、福井県中の和食と関係のあるところを1箇所ずつ訪ね歩き、そこで見たこと感じたことを綴った、まさに福井食紀行とも言える本です。
ぜひ皆様もお手にとってご覧くださいね。
表紙image
「和食は福井にあり ――鯖街道からコシヒカリまで――」
向笠千恵子 著
平凡社 刊
http://www.heibonsha.co.jp/book/b193095.html
<文責・田中>

この投稿へのコメント

  1. 信治 said on 2015年2月25日 at 22:25

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    良いところですよ!
    福井(^∇^)

  2. 南部酒造場 said on 2015年2月27日 at 10:57

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    書き込みありがとうございます!
    信治さんは県外の方でしょうか?
    私は生まれも育ちも福井ですが、豊かな自然に恵まれた福井は、とても住み良いところだと思います~♪
    花垣のある大野市は、福井の中でも水や空気がキレイなことで有名で、この地の農産物は県内でも人気がありますし、北陸の小京都と言われる町並みも観光客に喜ばれています。
    福井の魅力が詰まったこの本を、ぜひPRいただけたら嬉しいです☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA