【蔵】槽(ふね)の修理です。

20131009_1.jpg
今日は槽の修理です。
槽(ふね)とは、お酒を搾る機械です。油圧式なのですが、油漏れがひどくなってきたため修理いただいているところです。
製造年月が昭和24年7月と古い機械ですので、誰にでも修理できるものではないようです。
鋳物自体が現在は減ってきてますよね。
おっちゃんの職人魂を感じました。
現在ほとんどの蔵はヤブタと呼ばれる自動圧搾機を使用して、お酒を1日で搾りますが、こちらの槽は酒袋にもろみを入れて、3日かけてゆっくりと搾ります。当社では主に大吟醸クラスのお酒に利用します。
20131009_3.jpg
こんな感じです(杜氏と私)。
20131009_2.jpg
こんな感じです(おっちゃんと弟子)。
ヤマザキと書いてあります、現在もこちらの会社はあるそうですが、修理できる職人さんがお年寄りの方1名だけとか・・・今回お願いしたのは岐阜の業者の方です。
技術の伝承の大切さを痛感した1日でした。
<文責 柏倉>

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA