【受賞】「インターナショナル・ワイン・チャレンジ2022」3銘柄受賞!

先日開催された「IWC(インターナショナルワインチャレンジ)2022」において、花垣からは3種類のお酒が入賞いたしました。

古酒の部で「貴醸年譜7年」がSilver (銀メダル)、純米大吟醸酒の部で「至極の花垣 純米大吟醸」と「美郷錦 純米大吟醸」がBronze(銅メダル)を獲得いたしました。

「IWC」は、世界で最も大きな影響力を持つと言われるワインのコンテストです。2007年、このIWCに「SAKE部門」が誕生して以来、受賞酒は外国人の口にもあう日本酒として国内外で注目を集めています。

日本酒部門は9つのカテゴリーごとに1732銘柄が出品され、審査員によるブラインド・テイスティングの結果、このたびのメダル表彰となりました。

 

  • 古酒の部(総出品数67、ゴールドメダル受賞数9)

Silver「貴醸年譜7年」

 

 

  • 純米大吟醸酒の部(総出品数538、ゴールドメダル受賞数23)

Bronze「至極の花垣 純米大吟醸」

 

Bronze「美郷錦 純米大吟醸」

 

審査結果掲載ページ
http://www.sakesamurai.jp/iwc22_medal.html

 

今回、惜しくも金メダルは逃してしまいましたが、シビアな結果が出ると評判のこのコンテストで、今年も3点受賞できたことは本当に嬉しく、そして誇らしく思います。
「至極の花垣 純米大吟醸」は先日5/21に発売したばかりですが、おかげさまでたくさんのご予約をいただいております。
今年度は1,800本限定となっておりますので、ぜひお早めにお求めくださいませ。

皆様からの応援が私たちの原動力です。
今後とも花垣をよろしくお願いいたします。

〈文責・田中〉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA