【蔵】今年度の酒造りが始まりました。

10月に入り、天候も気温も不安定な日が続いていましたが、その日は見事な秋晴れとなりました。
10月4日(月)大安の良き日に、令和3年醸造年度の酒造りが始まりました。

まずは恒例の醸造祈願へ向かいます。
お酒の神様・松尾神社が祀られている近くの清瀧神社へ。

秋晴れのよき日となりました。

杜氏さんは、写真撮影に余念がありません^^

ちょっと艶かしいポーズに見えるのは私だけ?(笑)

 

神殿では酒造りの無事を願い、祝詞を奏上していただきます。

この場ではみな、きりっと引き締まった表情になります。

今年の祝詞には「コロナウイルス」の言葉がありました。
このみんなの願いが、どうか神様に届きますように。

 

今年は、初めて玉串奉奠の様子を動画撮影し、花垣公式youtubeにアップしてみました!

先日手に入れたiPhone13の新機能・シネマティックモードを使ってみたくて^^
いかがでしょう?
拍手選手権があったら、栄えある1位は杜氏さんですかね(笑)

その後は乾杯にうつりました。

10代目(現常務)も貫禄が出てきましたね。

そしてみんなで記念撮影。

いやぁ、お世辞抜きでみんなカッコいい!!
いつもこの瞬間を独り占めできて、撮影者冥利に尽きますっ。

 

さて、花垣は次のようなタグライン(ブランドメッセージ)を掲げています。

「いのち みのり いのり」

 

大野の自然に育まれ、生まれた「いのち」。
その恵みを与えられて育った作物の「みのり」。
その神秘に「いのり」を込めて酒を醸す。

 

神様とお酒は、古くから深い関係にあります。
五穀豊穣を祈り、米でできたお酒をお供えし、そのお酒を酌み交わすことで、神の力を身体に取り込むと言われています。
私たちは毎年、酒造りが始まるその日の朝、酒造り期間の無事と良酒醸造を願い、お酒の神様にお参りをします。
それからもお酒を神様にお供えし、神棚に手を合わせて祈り、そしてお酒を醸していきます。

 

醸造祈願から戻ったその足で、御神酒で蔵の入り口をお清めします。

お、若いイケメンとイケおじ(笑)
酒造りの期間中もまた写真撮らせてね。

 

今年もまだまだコロナの影響は続く中ではありますが、花垣のお酒を楽しみにしてくださっている方々のために、今年も粛々と酒造りを行っていきたいと思っています。

今年はこのメンバーで酒造りを行います。
本年も応援いただけましたら幸いです。

<写真・文 田中>

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA