【花垣スイーツ】上庄里芋と花垣の古酒がコラボしたチーズケーキ、今年も登場!

大野市の特産物といえば、このブログで何度もご紹介している「上庄里芋」ですね!
この上庄里芋の一番ポピュラーな料理・煮っ転がしを使ったガトーショコラ、という何とも意外なスイーツが、2017年より限定販売されています。
その名も「たろ・ちょこ」。
里芋は英語で「taro」(タロ)というので、この不思議な名前がついた模様♪

このケーキは、大野の農林産物のブランド発信に取り組んでいる「越前おおの農林楽舎」と、各地の特産品を生かした飲食店などを展開している「高橋屋」(大阪市中央区)が企画したものです。
大変好評だったことから、昨年第2弾として新たに商品化されたのが「たろ・ちーず」。
この「たろ・ちーず」に、水の代わりに仕込まれているのが、花垣の古酒「貴醸年譜 7年」です。
今年は2月1日より発売が始まることを受け、先日地元紙(福井新聞)に紹介されました。

 

※同日、日刊県民福井さんにも記事が載っていたようです。
https://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/kenmin-news/CK2020011502000212.html

 

記事内にもありますが、このケーキを入手したい方は、1月31日までに予約されるとお得に買えるそう。
バレンタインもありますので、ぜひこの味わいをお試しあれ!

お問い合わせは「越前おおの農林楽舎」(0779-66-1141)まで。

<文責・田中>

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA