【メディア掲載】地元紙に紹介いただきました![農大生実習]

12月11日(水)より2週間、東京農業大学の学生2名が花垣の酒蔵に住み込み、酒造りを体験しています。

これは、東京農業大学 応用生物科学部 醸造科学科3年生の特別実習として行われているもので、今年度は100名を越す同科の学生たちが、12月中旬から14日間、全国各地の醸造・食品関連の製造工場等で実務を体験することになっています。当社の常務・南部拓也が同科の卒業生であることから、このたび同科3年醸造微生物学研究室より形本達俊(かたもと たつとし)さん(千葉県在住・20歳)と市川智也(いちかわ ともや)さん(埼玉県在住・21歳)の2名を受け入れることとなりました。

担当教授が来蔵の際、地元新聞社が取材に来られ、昨日の新聞で大きく取り上げてくださいました。

 

2019年12月18日(水)付 日刊県民福井

2019年12月18日(水)付 福井新聞

 

一見イマドキの大学生で、最初は大丈夫かなぁと心配していたのですが、今ではだいぶ慣れてきた様子で、蔵の中でも頼もしい存在になっているそうです♪

突然蔵人たちと寝食をともにするという生活が始まり、その上朝から晩まで重労働が続きますが、なんとか2週間頑張って欲しいものです。
どうか彼らにエールをよろしくお願いします!!

<文責・田中>

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA