【受賞】「山廃純米」が全国燗酒コンテストで最高金賞(県内唯一!)

先日開催された「全国燗酒コンテスト2019」において、花垣の「山廃純米」が最高金賞を受賞いたしました。

全国燗酒コンテストは、温めておいしい日本酒を選ぶという世界で唯一の審査会です。11回目を迎えた今年度は、総勢268社から905点の応募があり、酒造技術者をはじめとした清酒の​専門家で構成された39名の審査員が、湯煎した酒をブラインドで審査しました。評価スコアの平均値で、上位30%を金賞、うち最上位5%を最高金賞と認定します。

7月31日(水)にキリンドラフトマスターズスクール(東京都中央区)で審査会を実施し、厳正な審査の結果、4部門で最高金賞および金賞として264点(入賞率は29.2%)を選出しました。

プレミアム燗酒部門(規定:720ml 税別1,100円超、審査温度:45℃)
出品数:323 最高金賞:19(入賞率5.8%)

「全国燗酒コンテスト2019」受賞酒一覧 http://www.kansake.jp/#aResluts

※第10回記念大会(2018年)で、過去10回のコンテスト中、8回以上入賞した蔵として南部酒造場は「最優秀燗酒蔵」に選ばれております。

 

「花垣 山廃純米」は、大正時代から続く伝統製法・山廃仕込みで醸した純米酒です。二夏熟成させた味わいには、独特の力強さとコクがあり、燗酒に最適と言われています。

■受賞酒「花垣 山廃純米」
1升瓶
(1800ml入)2900円、4合瓶(720ml入)1450(ともに税別)

https://www.hanagaki.co.jp/store/storedetail?pid=1159

 

 

今回この最高賞をいただいて私たちが一番嬉しかったことは、お燗向きに熟成させた山廃純米が、お燗のコンテストで最高の評価をいただいたということです。世界のお酒の中でも、温めて飲むという文化があるのは、日本酒の最大の特徴です。生酒や吟醸酒のように冷やして飲むお酒もあれば、純米酒(その中でも特に生もと・山廃など、味に深みがあり、コクやキレがあるお酒)はまさにお燗向き。「山廃純米」はお燗をしてこそ味わいが花開くお酒と言えます。体を冷やさず、酔いがやさしいお燗のお酒。冬のみならず夏もおすすめです。

今回の受賞を励みにして、今後も皆さまに喜んでいただける酒造りに励んでまいります。
これからも花垣をご愛顧・ご支援いただきますよう、よろしくお願いいたします。

〈文責・田中〉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA