【受賞】「2017年度 全米日本酒歓評会」金賞受賞

「2017年度 全米日本酒歓評会」大吟醸A部門(精米歩合40%以下)にて、「大吟醸 究極の花垣」が金賞を受賞いたしました。


大吟醸 究極の花垣

 

「全米日本酒歓評会」は2001年以降毎年開催されている大会で、2日間にわたって日本と米国の10人の審査員がおよそ350点の出品酒を評価するというものです。日本の鑑評会が主に酒造技術の向上を目的としているのに対し、ハワイ在住の日本酒愛好家たちによってスタートしたこの会は「優良品種の日本酒を審査し、アメリカの日本酒ファンに多様性にとんだ銘柄を最高のコンディションで楽しんでいただくこと」を目的としているところが最大の特徴です。

当社最高峰の大吟醸「究極の花垣」にこのような評価をいただいたことは、造り手にとって大きな自信につながりました。
名誉をありがたく受け取り、今後の糧にしていきたいと思っております。

 

なお、「究極の花垣」は現在、香味調整のために熟成中です。発売は11/10頃を予定しておりますので、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

<文責・田中>

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA